いつでもご自身で、思いのままにコンテンツを更新

簡単な操作でコンテンツを更新。顧客、ユーザーへの発信をリアルタイムで

タイムリーな情報発信はとても重要です。
けれど「サイトの更新に手間と時間がかかりすぎる」「htmlの知識がない」。そんなお悩みを抱えている担当者も多いでしょう。

このような悩みを解決してくれるのが CMS(Contents Manaement System)、Wordpressです。

管理画面にアクセスし、まるでブログを書くように簡単にホームページのコンテンツを更新できます。しかもインターネットに接続できる環境ならどこからでもOK。モバイル端末からでも可能です。

世界の主流、WordPress

より直感的に使いやすくなったエディター

WordPress新エディター「Gutenberg」でも書きましたが、2019年6月現在、世界中のホームページ制作の主流はWordPress。htmlの知識がなくとも、直感的にページを制作することができます。

CMSを導入すれば、PCサイトもモバイルサイトもカンタン一括更新

インターネットに接続できる環境からならいつでもどこからでも管理画面にアクセスでき、コンテンツを更新できます。

エントリの新規投稿、編集、画像の挿入なども操作はカンタン。パソコンサイトもモバイルサイトも同時に更新でき、ホームページ管理者の作業効率アップ。イベント情報やセールの案内など、タイムリーなお知らせ更新にも最適です。

西新宿ドットネットではお客様のホームページテーマに合わせて、更新したい箇所をマニュアル化。
気軽に更新しやすくなるお手伝いをします。

お客様のニーズに応じて柔軟にカスタマイズ

ホームページを設計する段階でお客様のご要望をお聞きし、サイトのメンテナンスがしやすいよう柔軟にカスタマイズいたします。

「これまでのホームページの印象を崩したくない」
「デザインを大幅に変更することなくCMSを導入したい」

そんなお客様もご安心ください。
西新宿ドットネットがご提供するCMSは、デザインのフルカスタマイズにも対応しているのでこれまでのイメージを崩すことなくホームページのCMS化が可能。
もちろん、イメージを刷新したいというお客様も大歓迎です。

サイトリニューアル時の404エラー対応、リダイレクト設定も万全です

デザインを刷新するか否かに関わらず、既存のホームページをCMS化するとコンテンツページのURLが変わってしまいます。

CMS導入後しばらくの間は検索エンジンに旧URLがインデックスされている状態が続きますので、検索結果表示画面からページを開こうとしても404エラー(Page not found)になってしまいます。せっかく訪問してくれた閲覧者が探しているページにたどり着きやすくするためには404エラー対応がとても重要です。

また、同様の理由によってウェブページのURLが変わってしまうと、Google検索結果画面に表示されていたサイトリンクが消えてしまうこともあります。サイトリンクを維持するためには、元のURLから新しいURLへ誘導するためのリダイレクト設定が不可欠です。

西新宿ドットネットは変更作業前のお客様のホームページの状態を細かく分析し、404エラー対応やリダイレクト設定を実施します。freoもお任せください!