中小企業のWEB担当の全知識

中小企業WEB担当の全知識

https://www.youtube.com/channel/UCyc1aT4nzqqLQAcfg1SX-bA/featured

中小企業のWEB担当者に向けて、西新宿ドットネットのノウハウを全て公開します。 現代最重要メディア「YouTube」を是非とも活用しましょう。

【鈴木康広について】
SEO・MEOを得意とするホームページの制作会社、株式会社西新宿ドットネットの代表取締役。 もともとは3次元CADの開発者として活躍しており、世界最速のワイヤーフレーム処理を開発しました。
2003年にインターネット上のビジネスに参入するために起業、当時は大手の上場企業だけがホームページを持っていて、中小企業のための会社が皆無でした。 現在も中小企業のお助けマン的な存在になれるように切磋琢磨しています。 なおこのチャンネルで話している内容は、全ての人に対して成果を保証するものではありません。 あくまでもビジネスをするうえでのヒントとしてお使いください。

 

YouTubeとは

YouTubeはアメリカのYouTube社が開発・運営を行っている世界最大の動画共有サービスです。YouTube社は2006年に同じくアメリカのGoogle社に買収され傘下に入っており、Google社が提供しているサービスとも連携されています。

2020年4月現在、全世界に20億人以上のユーザーがおり、100か国80の言語に対応、毎日10億時間視聴されているなど世界で最も親しまれている動画共有サービスです。

YouTubeは日本国内でも人気であり、6,200万人以上が利用しています。
サービスは基本無料で、どなたでも簡単に利用することが出来ます。

 

YouTubeのSEO対策

YouTubeのSEO

YouTubeのSEO対策とは、YouTubeで検索した際の検索結果を上位に表示させることで多くのユーザーに視聴してもらうことを目的としたマーケティング手法です。

近年、一個人から上場企業に至るまであらゆる用途で利用しているYouTube。しかしYouTubeに動画をアップロードしただけでは効果的なPRを行うことはできません。

また、アメリカの調査会社「Bernstein Research」がYouTubeに投稿されている動画を分析したところ、2016年1~3月時点におけるYouTubeへの動画投稿本数は18億3,000万から21億5,000万とされていますが、実際のところ再生回数の93%が上位1%のYouTubeチャンネルにアクセスが集中しているということが分かっています。

これらのことから、自社や個人でユーザーを確保するためにも、単に自分のアップしたい動画をアップロードするだけではなく検索結果の上位表示を意識してYouTube SEO対策を実施する必要があります。

対策の例としては「動画コンテンツ内容の情報や映像のクオリティを上げる」「個人や自社のホームページやSNSから各々が運営するYouTubeチャンネルへ流入させる」などがありますが、最も重視すべきなのは「YouTube上での自然検索流入」です。

自然検索のメリットは、狙ったキーワードで上位表示できれば、その動画を届けたいターゲットに近い層のユーザーを獲得できることで、より効率よくYouTubeを運用することが可能です。

 

YouTubeのコンサルティング

youtubeのコンサルティング

個人でも企業、店舗でも、YouTubeチャンネルを運用する際に意識すべき事柄は共通しています。

・どんな動画か(ジャンルの切り分け)
・誰に向けて何を目指すか(ブランディング)
・最終目的(集客?売上?)

何を誰に届け、何を目指すか
これを最初に決めて、想定したターゲットに響く内容にすることを念頭に置いて動画を作成しましょう。

チャンネル登録者の数を最初から気にする必要はありません。
チャンネル登録者数が増えるのは当然良い事ですが、登録者数を伸ばすことを目的にするのではなく、狙ったターゲットに届けたい動画を届けることを目的としましょう。

弊社ではYouTubeチャンネルの開設から設計、チャンネル情報の登録方法、動画のアップロード、Googleアカウントとの連携、動画の編集テクニックまで、総括的にYouTube運用のお手伝いを致します。